泉州ひなまつり おひなさまはどこから来た!?

みなさん、毎日寒いですがお元気でしょうか!

本日は泉州ひなまつりの舞台裏?をお伝えいたします☆

期間中は17個所もの施設で大小さまざまなおひなさまを見ることができます。
1つの場所にいくつものおひなさまが飾られてるところもあります。

そんなたくさんのおひなさまは一体どこからきてるのか!?

昔からご家庭で大切にされてきたおひなさま、
それぞれの家族の歴史や、時代の流れとともにあまり飾る機会も少なくなりつつあります。

飾る機会が少なくなっても、家族の思い出がいっぱい詰まったおひなさまは
各ご家庭で大切に保管されています。

そのような大切なおひなさまを、また誰かを笑顔にすることがあるならと、
譲っていただき、みなさまにご覧いただいているのが泉州ひなまつりです。

譲っていただいたおひなさまは、大きな蔵で保管しています。
そして、この時期になると一斉に蔵から出して、各会場に運ばれます。

1つのセットにたいして大きな箱がいくつもあります。
また大変重い部品もあり、各家庭での飾りつけも苦労がうかがえます。

毎年、実行委員会やボランティアのみなさんが、どの小物はどこに配置して、
どの飾りはどこに置いて、ある時代はこちら、今はこちらなど
知識や習慣、コツなどを話しながら丁寧に時間をかけて飾ります。

そうして飾られたおひなさまは、なんともいえない迫力、空気感をまとい
堂々とみなさんをお迎えします( ̄^ ̄)ゞ

古くからあるおひなさまは、少しずつ時代とともに顔立ちも変わっています。
人形も飾りもセットによって本当にさまざまです。

今はかわいらしいサイズの雛壇を飾られるご家庭も多くなっていますね。
この機会にたくさんの7段飾りを見に来ませんか?

是非、足を運んでいただき、懐かしんだり、発見をしたり
それぞれの楽しみ方をしていただければと思います。

おひなさま総勢何名になるでしょうか、一同お待ちしています~♪(/・ω・)/ ♪
スポンサーサイト